施設情報 -Infomation-

地域の人々や学生たちに愛され親しまれるコミュニティーセンターとして成長してきたキャンパススクェア。
「人間的なふれあいのまち」づくりを拠点として、地域社会に貢献しながら、さらに豊かにいきいきと。
暮らしと文化が一体となったハイセンスなショッピングセンターを目指しています。

住所
神戸市西区学園西町1丁目4 (市営地下鉄学園都市駅前)
敷地面積
20,500平方メートル(駐車場含む)
延床面積
約19,300平方メートル
売場面積
約11,900平方メートル
構造
鉄筋コンクリート造 2階建ほか
テナント数
ダイエーと45の専門店
駐車場
500台
開設年月日
1986年3月28日

キャンパススクェア開業までの軌跡

1983年7月
・実施計画の検討を開始
1984年2月
・実施計画まとまる
1984年7月
・「大規模小売店舗における小売業の事業活動の調整に関する法律」第3条第1項による届出を提出。
・同法による通産大臣公示(官報)。
・事前商業調整協議会開催、結審。
・商業施設建設工事着工。
1984年9月
・専門店テナント募集開始。
1985年3月
・公募により愛称「キャンパススクェア」に決定。
・専門店テナント決定。
・神戸研究学園都市 住宅入居開始。
1985年6月
・神戸市営高速鉄道(名谷ー学園都市間)開通。
1985年7月
・コウベグリーンエキスポ’85開催。
1985年8月
・ユニバーシアード神戸大会開催。
・選手村施設として商業施設を使用。
1985年10月
・「大規模小売店舗における小売業の事業活動の調整に関する法律」第5条第1項および第9条に基づく届出書を提出。
・同法による通産大臣公示(官報)。
1985年12月
・商業調整協議会の開催、結審。
1986月2月
・キャンパススクェア名店会発足。
1986月3月
・キャンパススクェア竣工。

ユニバードーム

にぎわいとやすらぎ そして ふれあいをうむユニバードーム
1985年ユニバーシアード神戸大会記念のひろば

概要
・ふれあいの広場(多目的アリーナ)
・研究者・学生と市民の交歓するイベント空間
・ユニバーシアード神戸大会のモニュメント
敷地面積
3,200平方メートル
建築面積
1,588平方メートル
延床面積
1,588平方メートル
高さ
15.8メートル
構造
鉄筋コンクリート造一部鉄骨造

ユニバーシアード記念碑

ユニバーシアード神戸大会のゴールド・メダリストたちの功績をたたえた記念碑です。
パクリン、ビオンディの手形・サイン等が保存されています。

学園都市のシンボルとして、キャンパススクェア塔屋に設置されたフレンドシップベル

アメリカ合衆国・ペンシルバニア州
フィラデルフィア市と神戸市の友情の鐘
新しい未来を予感させるアカデミック・タウン神戸研究学園都市にふさわしいタウン・シンボルとして、米国ペンシルバニア州フィラデルフィア市から、あのアメリカ独立の鐘「リバティ・ベル」の実物大レプリカ(複製)が贈られました。
1776年、偉大な国アメリカ合衆国の独立を告げた「リバティ・ベル」(自由の鐘)がその名も「フレンドシップ・ベル」として、国際都市神戸の新しい街・神戸研究学園都市の始まりを告げます。末永く街のシンボルとして、自由と独立の気風を育み、世界の幸福と平和に貢献することを願って、高らかに鳴りひびきます。